検索
  • info221843

11月1日は警備の日

警備業の全国組織「一般社団法人全国警備業協会」は「警備の日」を制定いたしました。

「警備の日」制定の目的は、社会の安全・安心への関心が高まる中で役割がますます重要になっている警備業への理解と信頼を高めることにあります。「警備の日」の日付は警備業法が1972年(昭和47年)11月1日に施行されたことにちなんでいます。(一般社団全国警備協会より引用)


 2015年に正式に登録され、その後『警備の日』には全国の各協会や協会青年部で警備にちなんだイベントや広告を行い始めました。弊社所属の一般社団法人沖縄県警備業協会は

ここ数年、加盟各社のパトロールカーでの出発式やイベント会場にて展示会を開催してまいりました。近年ではコロナ渦のため集合型の開催は中止し、パンフレットの配布などで啓蒙しておりましたが今年はテレビ・ラジオ・YouTubeでの広告に決定しました。

皆様に少しでも警備業について発信できればと思います。

よろしければ下記の広告をご覧ください。 


沖縄県警備業協会広告  

一般社団法人全国警備業協会   


閲覧数:84回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「盗撮罪」がやっと新設されるのか? これまでなかった不思議【「表と裏」の法律知識】 11/6(日) 9:06配信 日刊ゲンダイDIGITAL 【「表と裏」の法律知識】 盗み撮り、いわゆる「盗撮」が犯罪になることは多くの方がご存じでしょう。しかしそもそも「盗撮罪」という犯罪がないことは意外と知られていません。 スポーツ会場での盗撮被害が止まらない…現在の法規制の穴とは? 現時点で存在しないこの「盗撮