検索
  • info221843

県警検視昨年最多 高齢者の孤立死深刻 地域や行政見守り必要 (引用先 宮崎日日新聞)

更新日:9月21日



 県内で高齢者の「孤立死」とみられるケースが後を絶たない。県警が昨年行った65歳以上の独居高齢者の検視件数は、統計を取り始めた2006年以降で最多の455件に上り、今年も7月末時点で前年同時期を上回るペースで推移している。関係者は新型コロナウイルス禍で社会とのつながりが希薄になっている現状を挙げ、「家族や地域、行政が一体で見守る必要がある」と指摘する。 宮崎日日新聞





上記は宮崎県のケースですが、他の地域も同様です。

コロナ渦で対面での確認が難しい状況が続いています。

人力は一番ですが、プライバシーや感染対策の面でもIot機器を活用した早期対策も必要かと思います。ご本人もご家族の皆様も安心できる対策を!





13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

11月1日は警備の日

警備業の全国組織「一般社団法人全国警備業協会」は「警備の日」を制定いたしました。 「警備の日」制定の目的は、社会の安全・安心への関心が高まる中で役割がますます重要になっている警備業への理解と信頼を高めることにあります。「警備の日」の日付は警備業法が1972年(昭和47年)11月1日に施行されたことにちなんでいます。(一般社団全国警備協会より引用) 2015年に正式に登録され、その後『警備の日』には